みずほ銀行増額審査は厳しい!?限度額を上げるよりも新規申し込みがおすすめな理由

MENU

みずほ銀行カードローン増額審査よりも消費者金融でお金借りるのがおすすめ 24時間キャッシングできる金融会社 カードローン借りれる?

 

1.大手消費者金融を選ぶ

 

 

2.オペレーターが柔軟な金融会社を選ぶ

 

 

3.対応がいい消費者金融を選ぶ

 

 

今すぐにお金借りれる消費者金融 当サイトおすすめ比較ランキング

 

ここ最近金融庁の指導により、銀行カードローンの審査はどんどん厳しくなってきています。

 

追加融資、増額融資の審査も同様で、みずほ銀行もその例外ではありません。

 

メガバンクの一つとして、増額審査の際には必ず在籍確認がありますし、即日融資も不可、主婦への融資も厳しくなってきています。

 

今まで以上に属性や、金融事故の有無など審査項目が厳しくチェックされているのです。

 

→ 収入証明書不要キャッシング

 

今すぐにお金が必要な場合、みずほ銀行カードローンの増額審査はおすすめしません。

 

その理由は即日お金が借りられないから。

 

みずほ銀行カードローンへの増額審査よりも下記、消費者金融で即日カードローン発行したほうが今すぐお金を手にできます。

 

プロミスカードローン、アコムカードローン、アイフルカードローンなら初回30日無利息サービスがありますし、

 

SMBCモビットなら職場電話なしキャッシングが可能です。

 

 

・プロミスならオペレーターに相談で勤務先連絡なしで審査
※ご希望に添えない場合もあります。
・プロミス実質年率 4.5%−17.8%
・アドレス登録と、WEB明細利用で30日無利息
・借り入れ3秒診断
・来店不要、即日融資も可能

 

プロミス

 

 

 

 

 

・SMBCモビット金利3.0−18.0%
・SMBCモビットWEB完結で書類なし、職場電話なし
・10秒簡易審査
・来店不要即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

SMBCモビット

 

SMBCモビット勤務先連絡 詳細

 

 

 

・アイフルの金利 4.5%−18.0%
・借り入れは1000円から
・最高限度額500万円
・最短30分審査完了
・来店不要、即日融資可能で審査
・手続きはネットですべて完結で便利
・提携銀行 セブン銀行、イオン銀行、三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行、ローソンATM、E−net、親和銀行、福岡銀行、熊本銀行

 

みずほ銀行増額審査通過の否決 在籍確認は再度ある?増額と他消費者金融新規申し込みどちらがいいか

 

みずほ銀行は低金利が魅力のキャッシングを用意しており、最初のローンとして契約する方が多いです。最初は少額融資からスタートすることが多いですが、これは多目的ローン全般に言えることです。銀行も消費者金融も最初は少額融資をして様子を見るので、最初から100万円などの高額は借入できません。

 

ローンには利用限度額が設定されており、これは契約時に個別に設定されます。

 

返済能力に応じた金額となるため、初めての方はたくさん借りることが難しいわけです。高額融資を期待していた方にとっては物足りないかもしれませんが、コツコツと信用力を積み重ねていくしかありません。

 

返済をコツコツと継続することで信用力を高めることができます。最初は勤務先・年収・他社借入件数といった属性がどんなによくても、借入できる金額は少ないです。信用力を勝ち取るための確実な方法は継続返済であり、延滞せずに毎月の返済を続けるしかありません。当たり前のことを継続することで信用が高まり、増額融資を受けられるようになります。増額融資に成功すれば限度額がアップしますが、成功率は100%ではありません。もちろん銀行側が推奨してきた場合は別ですが、自分から増額手続きをする場合は失敗する可能性もあることを認識する必要があります。

 

もともとみずほ銀行のキャッシングは金利が低く、上限利率で14.0%が設定されています。もともと借り手にとって有利な条件で貸付されているので、増額審査には通過しないことも少なくありません。銀行ローンは総量規制の対象外ですが、ここを勘違いしている方は意外と多いです。際限なく借入できるわけではなく、年収の3分の1超を借入できる可能性があるという意味です。最終的に融資をするかどうかは金融機関が決定することであり、借り手が決めることはできません。

 

増額をするメリットは限度額が上がることですが、ほかにも実質年率を下げることができます。例えば50万円の借入だと14.0%になりますが、100万円を借りると12.0%になります。増額することで金利面で有利になりますが、借入残高が増えるので利息は大きくなる点には注意しましょう。金利を下げることよりも、借入を減らすほうが利息をお得にできます。常に利息シミュレーションをして、利息の支払いを最小限に抑えるように気を配ってください。利息という手数料を減らしていくことが、賢くキャッシングを利用する秘訣です。

 

みずほ銀行で増額融資を受けたい方は、専用ダイヤルから申し込みをしてください。原則として在籍確認はありませんが、返済能力診断はあると考えてよいです。増額をすることで借入残高が増えるため、今までより大きな返済能力が必要になってきます。ローンの信用力は何を意味するのか漠然としていますが、最も重視されるのは返済能力です。借入総額に対して完済する能力があるかどうかチェックされるわけです。延滞を何度もしている方は返済能力が低いと判断されますし、返済・借入を繰り返している方も注意しましょう。

 

他社からまとまった借入がある場合も、増額審査を不利にしてしまいます。ローンの返済能力はみずほ銀行の借入だけでなく、他社キャッシングも含めて判断されます。頻繁に返済・借入をしている方は、金銭的に行き詰っていると思われるでしょう。希望額と返済能力を比較し、どちらが優れているかで審査の可否が決定するわけです。増額を受けたいときは金額を大きくしすぎず、なるべく少額の幅に抑えておくのが無難でしょう。例えばプラス50万円の増額よりも、30万円のほうが審査通過率は高くなります。ローンは自分のお金ではなく、常に借金であることを意識することが大切です。借りたものは返さなくてはいけないので、常に自身の返済能力を把握しておきましょう。

 

一般的に銀行ローンと比較して、消費者金融ローンはハードルが低くなっています。みずほ銀行の増額審査に落ちてしまっても、消費者金融に申し込むという手があります。最初は10万円や20万円などの少額の希望額にしておけば、審査に通過できるケースは少なくありません。金融機関によっては10万円までなら融資可能など、相手から融資額を伝えてくれる場合もあります。いずれにせよ増額融資、2件目以降の融資は初回融資と比べてハードルが高くなります。無理をして審査に落ちてしまうより、無難な金額を設定して審査の通過率を上げるほうが得策です。

 

みずほ銀行で増額を検討している方は、事前に問い合わせしてみるのもありです。現在の利用状況で増額を受けられるか聞いてみるのもよいでしょう。延滞は1回くらいなら問題ありませんが、何度も遅れているとマイナス評価になります。銀行側はうっかり忘れなのか、返済できずに遅れたのか精査します。どうしても増額融資を受けたいけど無理という場合は、消費者金融に申し込んでみましょう。最近の消費者金融は18.0%以下の金利設定が多く、以前のように銀行との金利に大きな違いはありません。